結婚式の費用とは

冠婚葬祭を行うには、これらを開催するための費用がどうしても必要となってしまいます。結婚式を挙げる場合でも当然費用がかかります。近頃では、一昔前の派手婚と呼ばれている言葉は聞かなくなり地味婚と呼ばれている結婚式を行うカップルが増えています。

中には諸事情によって結婚式を行わないカップルもいます。結婚式を行うときには費用を準備する必要があるので、どれだけ費用を準備するために貯金があるのか1番心配することになります。結婚式の費用は結婚式を挙げる地域によってどうしても金額的に違いがあります。

全国的に1番高額な結婚式費用と1番安い結婚式費用では180万円ほど違いがあるので、どこで結婚式を挙げるかで準備する費用も違ってきます。(ちなみに全国平均では350万円です。)結婚式の費用を準備するためにはどうしても貯金を行う必要があります。

しかし、最近の不景気の状態では容易に貯金をすることもままならないのが現実です。そのため結婚式の費用の1部について両親が負担してもらうことが多いです。なかには、ご祝儀の金額も結婚式の費用の1部に充当されているのが今の結婚式の費用を用意する方法の1つです。

結婚式の費用は、結婚式を挙げる結婚式場を選択することで必要となってくる結婚式の費用は大きく違ってきます。結婚式場の中には、特別な設備やサービスを売りにしている結婚式場があり、1日1組ないし2組しか結婚式を挙げることができない限定している結婚式場などがあります。

これらの特別なサービス等を売りにしている結婚式場は、その他の一般的な結婚式場に比べるとどうしても結婚式費用が高めとなってしまいます。しかし、他の結婚式場では味わうことのできない演出も期待できるので、結婚式場を選ぶのは大変難しいです(特別な結婚式に:福岡のブライダルエステランキングBest5)。

また、結婚式の費用を同じ結婚式場で挙げる場合でも、オフシーズン、お日柄がよくない仏滅の日、平日や連休の真ん中の日、結婚式の開始が夕方となる時間帯や3ヶ月以内の直近日となる日などの場合には、比較的安く結婚式費用を挙げることも可能(引用元サイト:大阪の結婚式場カタログ)です。

結婚式を挙げるときには招待客を選ぶことも重要なことです。会社関係や今後お付き合いをしていく親戚など、制限がなければ招待したい人たちは多く存在しています。両親の希望によって招待しなければならない人たちもいるので、招待客の選択も大変難しいものです。

しかし、結婚式の費用にも限りがあるので、すべての招待客を招く事は難しいです。したがって、結婚式の費用を安く済ませるには、日取りと招待客の選択それから結婚式場の選択が必要不可欠です。

そこで次のページでは、最近結婚式を挙げることができる結婚式会場のタイプの中で、注目されているホテルウエディング、レストランウエディング、チャペルウエディングと日本の昔ながらの伝統の結婚式(神社、仏閣)があります。これらの4つの結婚式場のタイプについて特徴、費用やメリットについて詳しく紹介していきます。